Main Content

デリケートな肌の方が一度でも合わない化粧品を使うと、

デリケートな肌の方が一度でも合わない化粧品を使うと、途端に肌にダメージが出てしまうので、やりきれませんよね。

特に警戒したいのがエタノールといわれる成分です。

肌の炎症性疾患用のコスメティックに使用される事が多いのですが、お肌にいじわるをして、もっと状態が悪くなってしまう怖れがあります。

皮膚科で処方された場合は問題ないのですが、売られている化粧品をお買い求めになる際はお気をつけちょーだい。

毛穴、中でも鼻の毛穴に目たつ角栓があるとすさまじく気になるはずですよね。とはいえ、洗顔の時に無理に取り除こうとしてしまうと、かえって肌を傷つけてしまう場合もあるので、その方法はお勧め出来ません。

ピーリング石鹸を使ったりして角栓を優しく取り除くといいでしょう。しかし、使いすぎると良くはないので、一週間に二回までの使用にしてちょーだい。

乾燥肌にお悩みの場合、化粧水でしっかりとうるおいを与えた後、乳液を使ってお肌の表面に水分を逃さないようにバリアーをします。それに、体の内側からも、しっかりと、水分を与えることが必要なので、一日で2リットル程度の水を飲むことに努力してみてちょーだい。

きちんと保湿をして、ハリのあるお肌を取り戻しましょう。

シゴトと生活に精一杯のアラサーです。毎日クタクタになってそれでもシゴトをしていますが、ある日、鏡をチラっとのぞいて何か違和感があり、もう一度しっかり自分の顔を見てすさまじくビックリしました。

目のくま、ホウレイ線!無理をして、溜めこまれた疲労を形にして見せられたように感じました。

この日のショックは強烈だったので、私、自分に誓いました。

どんなに遅くなって、疲れ切って家に帰っても本日はもういいや、と諦めたりせず、ケアをきちんと行って、肌を大事にしよう、シワの増加を防いで、これ以上老け顔に見えないようにしよう、と心に誓いました。三十代以降の女の方をまん中に悩むことの多いお肌のトラブルのひとつに、「肝斑」が挙げられます。左右の目の下の目尻から頬あたりにできる、ねぶそく時の隈みたいなシミのことをさします。その原因として、女性ホルモン(分泌が減少すると、様々な不具合が生じることが多いでしょう)と関係があるのではないかとされており、肝臓の調子が悪いから出るといったものではありません。肝斑の治療にあたり、現在、第一選択とされているのはトラネキサム酸の内服で、製薬会社や大手の化粧品メーカーより、内服用の薬が開発され、売られています。一般的なシミ改善方法として様々な方法があるかと思いますが、肝斑に対しては有効ではありません。

いわゆる美肌になることは、多くの人の話題に上りますが、実際の方法は日に日に進化しています。

最近では、美肌のためのアイテムが多種多様に生み出されており、例えば、サプリメントの中でもシミ改善の効果が謳われたものが好評のようです。使用方法は簡単で、毎日飲むだけで美肌効果が得られるお手軽な方法が良いですね。お顔にシミが目立ってくると、実際の年齢より老けて見られるようになるはずです。年齢を重ねるにつれて、皮膚の回復力が弱化していき、これくらい大丈夫と思っていた日焼けでも致命傷となってしまいますので、十分な日焼け対策が必要となるはずです。キャップや日焼け止めなど、普段身に着けるものでなるべく紫外線を浴びないようにし、それと一緒に、色々な野菜や果物から多くのビタミンCを、できるだけ摂るようにしましょう。

梅雨の季節に心配なこと。それはカビではないでしょうか。

人の肌には常在菌というものがいます。高温多湿な環境ではこの菌も当然、増えてしまいます。中でも、マラセチア菌(真菌)が悪さをすることによって発症する皮膚病に「でん風」というものがありますが、身体のどこにできてもおかしくありません。

でん風は、茶色くて、一瞬、シミかな?と思うものや、色素が抜けたように白くなるでん風もあるんですね。

毎度のシミとは何か違うかな?と思われたら、是非一度、皮膚科へ行ってみましょう。それぞれの人で肌質は異なっています。普通肌、乾燥肌、敏感肌など、多種いろんな肌質がありますが、ワケでも、敏感肌の人は、どんなスキンケア商品だったとしても適合するワケではありません。

仮に、敏感肌用以外のスキンケア商品を使用した場合には、肌にわるい影響を与えてしまうこともあるので注意深くチェックしましょう。あとピーを治したい人は、お肌が敏感な人用の天然成分のみを配合しているようなスキンケア用品を使用することが望ましいです。

元々、あとピーは塩水によって治すことが可能であるという説もあり、浴槽のお湯に塩を混ぜたり、夏は海に行って海水浴をおこないつづけると症状が改善するとされています。でも、現実では、あとピーの箇所にはひっかいた傷があることがほとんどで、塩水ではとてもしみてしまうのが欠点です。